税理士の資格取得と活用方法

資格取得を補助するインフォメーションサイト

税理士資格登録を含む税理士資格の活用

本項は、税理士という職業に関係するオーソドックスな情報として、税理士の基本的な定義と税理士の主だった業務の具体的内容についてまとめ、税理士への基本的な理解を深めることに主眼を置いて解説することを試みたページです。 税理士という職種や、その業務内容に関心がある方はご一読ください。

税理士資格の取得と併せて取得しておきたい資格

資格登録を果たして税理士として働くに当たって、税理士資格の取得は必要不可欠ですが、税理士試験を受ける上で役立つ資格や税理士試験の受験資格を満たす資格、税理士としての業務の幅を広げる資格など、税理士になるための補助資格や税理士の業務に生かすことが可能な資格は幾つかあります。

オーソドックスな税理士に関する情報

一般的に税理士資格の取得に成功した場合は、正式に税理士として名乗ることができるように税理士登録を行うのがセオリーではあります。

しかし、税理士資格と税理士としての知識に対する需要は高いものの、税理士業界としての展望は明るいとは言い難いこともあって、近年は税理士資格を取得した直後の独立は見送る傾向にありますし、複数の税理士による税理士法人の規模拡大と増加もあって、一つの法人で複数の税理士資格を必要とはしないことなどの条件が重なって、税理士資格の取得者が税理士登録を行わないケースも増えてきました。

これらのファクターは税理士資格保持者の資格登録を減じる一因となっており、その理由は主に二つに集約され、一つには、税理士登録の初回登録に三〇万円、年会費に一〇万円と資格登録と登録の維持だけでもかなりの金額を要することに加えて、税理士事務所を独立開業する場合を除き、税理士登録は税理士と名乗れる以外のメリットを持たず、税理士事務所を就職先に定めている場合を除いては、就職先において資格登録を必ずしも要求されないことも珍しくないので、税務関係の就職における選択肢が狭まることを除けば、税理士資格の資格登録は必須要件ではないことを示しています。

税理士資格の資格登録はセオリーに従えば、登録しておくべきものですが、就職先が決まっていて、なおかつその就職先で税理士資格を求められているわけでないのであれば、資格登録を見送ることも選択肢として残しておきましょう。

資格としての税理士資格の利用

税理士登録を行い税理士として資格を保持することの意味とその責任に対する私的な見解と併せて、税理士資格の税理士以外の職種での利用可能性について言及し、資格としての税理士資格の利用と登録税理士資格保持者に期待される社会的な役割の一部に言及しました。

TOPへ戻る