資格取得を補助するインフォメーションサイト

>

税理士資格登録を含む税理士資格の活用

どうしたら税理士になれるか

税理士とは税理士事務所で税金に関わる事務や申告を代行する事務仕事を生業とする人物を指しますが、税理士としての仕事についているだけでは税理士としては認定されず、税理士試験を受験してこれに合格し、税理士資格を取得した上で、税理士として登録した人物のみを正しく税理士とすることから、税理士の取り扱う税金関係の総合事務職を仕事に就きたいだけであれば、税理士事務所に入社すれば事足りますし、正式に税理士であることを目指す場合は、税理士試験に合格して税理士として登録する必要があります。

そのため、税理士試験に合格して税理士として登録した人物だけが税理士であり、税理士免許を持っていない人物や税理士免許を持っていても登録していない人物は、仮に税理士事務所で働いていたとしても、正式には税理士ではありません。

税理士の主な業務内容

基本的に税理士の業務は税金に関わる事務の代行をベースとして、税務に関しての相談や会計業務の代行、税務訴訟での補佐業務、会計書類の信用を担保する会計参与などの多岐にわたる税務と会計に関系する仕事を担っており、税務事務に留まらず様々な会計事務に事務以外の形でも携わります。

それぞれの業務の具体内容は、税務事務が依頼者の代理として税務申告や税務申告書類を作成する業務で、税務相談は税務に関わる相談業務、会計業務代行は財政書類や会計帳簿の機長の代行を業務とし、税務訴訟での補佐は税務訴訟に際して依頼人側の弁護士を補佐することを目的として裁判所に出廷、陳述する業務となり、会計参与は中小企業の会計書類の内容を保証することが業務内容です。


TOPへ戻る