資格取得を補助するインフォメーションサイト

>

税理士資格の取得と併せて取得しておきたい資格

税理士資格を取得する方法

税理士資格の取得方法は、極めて単純で税理士試験を受験し、それに合格する以外の方法は存在せず、税理士試験は受験資格を要する資格で、学識・資格・職歴のうちいずれかの条件を満たしていれば受験可能となります。

ちなみに、学識は大学もしくは短大卒業者の内、法律学か経済学を一科目以上履修した者、同条件を満たした大学三年生以上の者、一定以上の学力レベルを擁する専修学校の専門課程を修了し法律学あるいは経済学を一科目以上履修した者、司法試験合格者、司法試験の二次試験のうち第一関門に当たる短答式試験に合格した者が受験資格を満たして、資格の場合、日商簿記検定一級合格者と全経簿記検定上級合格者が受験資格をクリアし、職歴では会計事務の二年以上従事者や金融業界で金融関係の事務の二年以上従事者に加えて、税理士・弁護士・公認会計士を含む税務に関わる業務においての、補助事務の二年以上従事者が受験資格を持ちます。

併せて取得しておくべき資格

仮に税理士資格の取得を志すのであれば、取得しておくべき資格と取得しておくと職務の幅が広がる資格が存在しており、中でも必須と言って過言ではない資格は二級以上の日商簿記検定資格で、試験内容を理解するに当たって必要な知識の目安となることもありますが、業務内容との関わりが深いことから是非とも最低限取得しておきたい資格ですし、税理士試験の受験資格を満たしていない場合は、日商簿記検定の一級資格の取得で受験資格を満たすことができます。

必須級ではないものの取得しておくと便利な資格としては、司法書士資格と社会労務士資格が挙げられ、いずれの資格も書類作成業務を伴うことから、税理士業務との親和性が高く、取得することで仕事の幅を広げることが可能です。


TOPへ戻る